道路の種類と特徴

 

道路の種類と特徴について、開設したりその後の管理をするところによって名称が異なってきます。こうした決まりごとは名称ではっきりと分かります。たとえば国道であれば国が開設して管理する道であると分かりますし、県道であれば県が管理するもので、市道であれば市が管理するといった具合に、はっきりと分かるようになっています。
ただし、管理者が違う場合もあります。よくあるのは標識なども出ていたりしますが、国道なのに一部区間を都道府県がしていたりするような場合です。国道のうち特に3ケタの数字の国道などはその大半を都道府県に任せていたりします。2ケタの国道の場合はある程度は都道府県に任せたりする場合もありますが、半々といった具合です。
このように、国から都道府県へと管理などを一切合財任せてしまうケースがありますが、こうなってくると国道について管理する国の仕事は非常に楽ではないかと考える人もいます。
なお、こうした国道や県道や市道などは、その幅などが明確に決められています。昔作ったものはそうでもない場合も見受けられますが、最近敷設された道は厳しくその幅などを決められており、その幅について逸脱して敷設はされていません。